タトゥー

タトゥーが入っている外国人や若者も入浴

タトゥーNGだと若者が来ない

日本の至る場所にスポットがありますが、中には混浴があります。

誰もがその言葉と意味を知っているものですが、実査しに訪れたことのある方は少数でしょう。

しかし、全国各地に混浴があるのです。

タトゥーがあっても秘湯は大自然に囲まれた露天風呂が多いことから、絶景を楽しみながら入浴が出来ます。

混浴温泉の最大のメリットといえば、カップルやファミリーで入浴が出来る、ということでしょう。

カップルやファミリーでスポットへ旅行に出かけることは一般的ですが、どうしてもこれがルールで男女別々で入浴しなければならないのです。

貸し切り露天風呂のある旅館もありますが、そういった旅館は高額になってしまいます。

しかし、タトゥーは混浴であればその心配がありません。

そのため、現在この場所が注目されているのです。

しかし、このように混浴温泉を利用する際に注意すべき外せないポイントがいくつかあります。

それは一番はマナーとしてタトゥーでしょう。

外国人はタトゥーで入れないのを知らずに宿泊

タトゥーの文化に馴染みがない

日本の多くの温泉ではタトゥーをしている方の入浴が禁じられているのです。

そのため、大衆浴場もタトゥーNGである場合がほとんどです。

いくら現代社会でアート感覚が一般的になったとしても、日本人にとって怖いイメージがあるのです。

しかし、中にはタトゥーOKの宿泊施設もありますので、事前に確認をしましょう。

たとえ禁じられていたとしても、部分的に隠す肌色のシールを貼ることで入浴出来る場合もあります。

さらに、外国人観光客にとって日本独自の文化であるお風呂は人気があります。

そのため、スポットにとってこういった外国人観光客は大切な存在。

外国人は日本人よりもタトゥー率が高いので、OKにしている場合もあるのです。

また、秘湯にはマナーがあります。

何より守るべきマナーは、身体をタオルで隠すということです。

いくら野外の施設だったとしても裸を見られることに抵抗があります。

さらに、一般人はタトゥーは目のやり場にも困ってしまうものです。

そのため、タオルで身体を隠すことはお互いのためでもあるのです。

そして、タオルを巻いている客をジロジロ見ることも禁止です。

タトゥーでほかの客の迷惑にならないようにしましょう。

こういった場所は男女にわかれた脱衣所が用意されていますので、そちらで身体にタオルをしっかりと巻いて準備してからちゃんと入浴しましょう。

また、カップルの温泉客の中で、お風呂内でいかがわしい行為をするケースがあるのです。

タトゥーは小さければ隠せばOK

テーピングなどでタトゥーを隠して入浴

一般の客の入浴時間は1時間ほどですが、こういったワニは兵器で2時間〜3時間入浴をしているので、すぐに分かるでしょう。

混浴温泉の多くは地域住民のボランティアによって成り立っていますので、こういった問題行動がありますとすぐに廃止になってしまうのです。

現在の温泉ではタトゥーをしている方の入浴は禁じられていますが、これはお風呂も同様のことです。

そのため、入れ墨をしている方は注意しましょう。

しかし、現在は極道でなくおしゃれで理解が進んでいることから、これが認められている場所もあります。

これは外国人旅行客へ向けた配慮とされています。

外国人は日本人と比較してタトゥーをしている方が多いため、そういった外国人観光客のために規制が緩くなっているのです。

そのため、必ず事前にチェックをしてください。

また、最近は日帰りで利用出来る秘湯も登場しています。

そのため、長期休みでなくともカップルで入浴を楽しむことが出来るのです。

道の駅にあることも多く、アクセス環境に恵まれているので気軽に訪れることが出来るでしょう。

タオルなどのレンタルもありますので気軽に利用してください。