短小

短小は女性に見られて馬鹿にされている?

通常時の大きさでも笑われている割合は高い

基本的には男性と同じように女性も見ていないとは言ってもチェックはしています。

平均的なペニスのサイズであれば印象には特には残りませんが極端に大きかったり、その逆で短小であれば混浴温泉でも注目されてしまいます。

もちろん、お風呂の中で勃起していたらおかしいですから、普通のたっていない通常時のサイズでの話になります。

しかも、友達同士で入っていれば話題はそれにどうしてもなってしまいます。

ほとんどの場合、単独で女性が混浴温泉に来ることは珍しいですから、友達や家族で入浴しています。

ある程度の年齢になれば、興味がないことはあり得ませんし、これが比較対象としてのイメージは出来ています。

そうなってくると男性が女性のスタイルを吟味するように、短小であれば馬鹿にするという意味ではなくても笑われてしまう割合はかなり高いのでタオルで隠しておいた方が良いでしょう。

短小と違って包茎はお風呂で嫌がられてしまうことも

包茎は清潔感がないイメージです

世界的にはどうかわかりませんが、少なからず日本では短小はそうでもありませんが、包茎ですと女性は不衛生だという印象を持っています。

混浴温泉に来ているお客様でもそういったイメージを既に持っている方もおられますので、やはり、最初に湯船に入る前には洗っていたとしても多少嫌がられてしまう割合は出てくると言えるでしょう。

それは残念ながら、潜在意識として既にあるものですので、これからどう頑張っても解決しようがない問題でしょう。

しかし、短小は特に気にすることはないのではないでしょうか。

若い世代では、女性の間でも男性のサイズを比較する話題は少なからずあるかも知れません。

もちろん人間の体の外見部分を評価することは、馬鹿らしいことではありますが、もし、ここで仮にペニスの悩みを抱えているのであればタオルでしっかりと隠しておいた方が無難でしょう。

下手に深く傷付いて損をしてしまうよりは、そして湯船に入れないようにであれば、もし禁止でないのであれば、短小であることがバレないようにしておいた方が良いでしょう。

短小が混浴温泉で注意しなくてはいけない事

見栄を張って大きく勃起させることはありません

やはり、短小の男性は少なからずコンプレックスを抱いているので混浴温泉でも女性の視線が気になって仕方がないことがあります。

笑われているのではないのか、誰かと比べられて馬鹿にされているように感じてしまいがちです。

けして、そんなことはなかったとしても、どこかでそんな風にネガティブに考えてしまう弱いメンタルになってしまっているのです。

しかし、それは自意識過剰過ぎてもせっかくのお風呂で逆にストレスを溜めこんでしまうことになりかねません。

そう考えると混浴温泉だけでなくサウナやスポーツクラブやジムなどでも隠して気にしなくて済むように、短小を改善するための増大サプリやトレーニングなどをしておくとよいかもしれません。

そういった些細な事が自信を回復するきっかけにもなりますし、本当に効果があればラッキーでしょう。

今まで以上に混浴温泉でもペニスの大きさを気にせずに通常時もいられます。