マナー

湯船はタオル禁止?マナーを確認しましょう

入浴前にマナーをチェックしましょう

誰もが連休や行楽シーズンになると、観光スポットやアミューズメントスポットへ遊びに行くものですが、中でも名湯スポットは人気でしょう。

日本列島は各地で湧いていることから、伊豆や熱海、草津などに限らず全国地にスポットがあります。

スタンダードな旅行を楽しむこともおすすめですが、マナーを守って一度行ってみてはいかがでしょうか。

本来であれば男女が別々になっていることが当たり前ですが、混浴温泉はそういった区別がありません。

誰もがこういった存在を知っているものですが、実際に足を運んだことのある方は少ないでしょう。

しかし、探してみると全国各地にあるものなのです。

しかもこういった秘境にあることが多く、大自然に囲まれたロケーションが非常に魅力的です。

また、マナーや旅行を考える方は数多くいますが、ファミリーやカップルですと、このように男女が一緒に楽しむことが出来ません。

貸し切り露天風呂であれば問題ありませんが、どうしても高額になってしまうもの。

しかし、混浴温泉であればファミリーやカップルでも楽しめますし非常にリーズナブルです。

しかし、非常に特殊なものですので、いくら慣れている日本人でもやはり戸惑ってしまいます。

そのため、事前にマナーを知っておきましょう。

何よりも大きな違いは男女が一緒に入浴をする、ということです。

そのため、確実にタオルは欠かすことが出来ません。

体を洗ってから入らないのはマナー違反です

むやみやたらに見るのはマナーがない

一般的なお風呂であればタオルを湯船に入れることが禁じられていますが、上手く身体を隠すためにタオルをずっと各自で用意しなければならないのです。

混浴温泉は男女別の脱衣所が用意されているため、そちらでタオルを巻いてから入浴をしましょう。

また、いくらタオルを巻いているからといって、他人をやたら無暗にキョロキョロ見てはいけません。

こういったマナーは男性向けというイメージがあるかも知れませんが、そのようなことはありません。

男性も女性からの視線が気になるものですので、誰もがキョロキョロしないようにしましょう。

そして、大自然に囲まれていることが多いので写真に収めたくなりますが、やはり、それはマナー違反です。

さらに、冬場の露天風呂は湯気で周囲が見えなくなるため自分以外に誰もいないように感じますが、これがほとんどの場合、入浴客がいるものです。

そのため、常にマナーのことを考えて入浴をしましょう。

魅力的なものですが、中にはほかの客への迷惑行為を行う人もいるのです。

特に問題となっているのはワニと呼ばれる悪質行為です。

マナー違反が増えると入れなくなります

一部のマナー違反の客のせいでどんどん無くなっています

ワニとは水の中に浸かりながら女性の裸を覗く男性を指します。

どのような客も入浴時間は1時間程度ですが、ワニは2時間以上浸かっていますのですぐに怪しまれてしまいます。

こういった名湯は地域住民などがボランティアで運営されていることが多いので、ワニのようはマナー違反によって廃止になってしまうこともあるのです。

そして、最も悪質なマナー違反といえばお風呂内でのいかがわしい行為です。

カップルで利用をする客は多いのですが、中にはそういった行為をしようと考えるカップルもいるのです。

さらに、団体でやって来ていかがわしい行為をするケースもあります。

これは現在秘湯によって大きな問題となっており、実際に廃止になってしまったこともあるのです。

また、マナーは一般的な浴場ではタトゥーが禁止とされています。

これは混浴温泉でも同様で、タトゥーは禁止になっているのです。

しかし、現在の日本ではタトゥーが社会的に認められつつあるため、タトゥー可となっている場合もありますので事前に確認をしておきましょう。

そして、マナーがある日本の旅館は外国人観光客からも人気となっているので、タトゥー率の高い外国人観光客獲得のためにタトゥー可となっていることもあります。