日帰り

日帰りでも充分に楽しめるバスツアー

女性同士で日帰りで名湯に

日帰り旅行とは日本人にとって欠かせないレジャーのひとつです。

そのため、長期休みになると全国各地の秘湯スポットは賑わいを見せています。

草津や別府など有名なスポットだけでなく、どのようなスポットでも楽しむことが出来るのです。

旅行を楽しむ際に宿は欠かせないものですが、なかなかそういった時間を作れない忙しい方もいることでしょう。

そのため、スポットによっては日帰り客をターゲットにした温泉街もあるのです。

中には道の駅に日帰りがあることも多く、アクセス環境に恵まれているので気軽に訪れることが出来るでしょう。

手ぶらでも立ち寄れる日帰りも数多くあります。

お風呂にはさまざまな種類がありますが、中には混浴も存在します。

これは男女の区別なく入浴できる秘湯で、誰もが知っているものですが実際に行ったことのある方は本当に数は少ないでしょう。

しかし、この日帰りバスツアーが静かなブームとなっているのです。

そして、混浴は特殊な名湯であることからマナーを守らなければなりません。

それを心得た上で混浴を楽しみましょう。

何より大切なことはタオルを常識として巻くということです。

バスでゆっくり日帰りでツアーへ行けるプラン

バスツアーなら飲みながら日帰りができます

一般的なお風呂ですとタオルを浸けることは禁じられていますが、混浴ですと身体を隠すために必要なのです。

いくら混浴温泉と分かっていてもさすがに抵抗があるもの。

そのため、身体を隠すことはマナーなのです。

そして、タオルで身体を巻いていたとしてもジロジロ見ることはマナー違反となっています。

日帰りのバスツアーは男女に分かれた脱衣所がありますので、そちらでタオルを巻いてからりましょう。

大自然に囲まれた露天風呂がほとんどですので、いくら景色が良くてもスマホでの写真撮影などは禁止です。

また、プランにおいて最も禁止とされているのは、ワニと呼ばれる迷惑行為です。

これは女性の裸を見るためにずっと湯船に浸かっている悪い行為です。 これは水面に目だけを出して獲物を狙う動物のワニに見た目の姿が似ていることからネットで名付けられました。

所謂ワニのような迷惑行為がきっかけとなって、混浴温泉が廃止になってしまうこともあるのです。

あまり知られていませんが、日帰りで楽しめるバスツアーもありますので気軽に楽しみましょう。

一般的な旅館ですと男女が分かれているため、カップルやファミリーで楽しむことが出来ません。

しかし、混浴温泉であれば男女を問わずに入浴が出来るので、カップルやファミリーにもうってつけなのです。

日帰りで楽しみたい夫婦にも人気のプラン

ゆっくりお風呂を日帰りで楽しめます

日帰りプランで気軽に名湯を楽しみましょう。

そして、現在問題となっているのが、混浴温泉でいかがわしい行為をするカップルです。

お風呂を楽しむ場所ですので、そういった行為は許されません。

中には団体で訪れていかがわしい行為をするケースもあり、非常に手法は悪質化しています。

これが問題となって廃止になってしまうことも少なくありません。

日帰りのバスツアーは地域住民のボランティアによって成り立っていることもあるのです。 そういった迷惑行為は絶対に止めましょう。

さらに、露天風呂ですと湯気で周囲が全然見えなくなることがあります。

そのため、自分たちだけしかいないと考えがちですが、ほかの客がいることも多いのです。

また、裸になって比喩に浸かるという楽しみ方は日本独自の文化です。

そのため、肌を露出する湯船でタトゥーを入れている方の入浴はほぼ認められていません。

どうしてもマイナスイメージがあるのです。

しかし、日帰りでも現在の日本ではタトゥーが少しずつ市民権を得ていますので、刺青やタトゥー可の施設もかなり増えています。

そのため、タトゥーをしている方は入浴前に必ず確認をしましょう。

また、タトゥーをしている外国人温泉客も多いので、そういったのためにタトゥー可にしているホテルも少なくありません。